ホームページってどうやって作るの?

ホームページにも種類がある

ホームページというと、検索して閲覧するWebサイトですが、それにも用途の応じて種類があります。
会社やお店を紹介するサイトやTシャツなどのオリジナル商品を販売するサイト、趣味やサークルのサイトとさまざまな種類がありますので、目的にあったものを作ることが重要です。
オリジナル商品を販売するサイトにもショッピングサイトとその商品をただ紹介するサイトがあります。
簡単に作成したい場合には無料や有料のホームページ作成ソフトを使うのが最適ですが、いずれもHTMLやCSSなど専門的な知識が必要となり、自分で作るとなるとかなり勉強をする必要があります。
もしくは、費用はかかりますがデザインからすべて任せられる制作会社を使うのがより、オリジナル性の高いホームページが実現します。

自分のホームページに合った名前を取得しよう

ホームページは、公開したい文章や紹介したい商品などの画像が必要となります。
画像もあまりにも多い場合には、サイトの容量が重くなりサイトを開けるまでに時間がかかってしまいますので、画像選びも大変に重要です。
そのほかに、ホームページの名前が必要となりこれは、ドメインと呼ばれるものでホームページに辿り着くための住所となるものです。
ホームページの内容が入ったデータを保管し、閲覧者に発信するサーバーの契約も必要です。
ドメインをインターネットのドメイン取得会社から取得し、その会社で連携しているサーバー会社に一緒い契約することが簡単です。
それぞれ、契約金が別途かかります。
商品の販売サイトの場合には、在庫や販売状況により常に自分で更新をしていくことになります。

ホームページ作成の見積もりでは、作成するホームページのページ数、イラストの作成有無、パソコンやタブレットやスマートフォンなどの異なる画面サイズへの対応などによって、金額が変わってきます。